まこちゃん しょうくん    わがまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS インタビュー:ソン・スンホン「“パーフェクトな王子様”は楽しかった」

<<   作成日時 : 2011/06/19 13:25   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

☆インタビュー:ソン・スンホン「“パーフェクトな王子様”は楽しかった」☆


画像


 フツーの女子大生が、ある日突然プリンセスとして宮廷入りすることに!? 女性なら誰しもがあこがれる夢のような設定をベースに描いた、泣いて、笑って、ハッピーになれるラブコメディー『マイ・プリンセス』。財閥御曹司で外交官の“パーフェクトな王子様”ヘヨンを演じ、キム・テヒ(『IRIS-アイリス-』)とともに主演を務めたソン・スンホンにインタビューした。


―このドラマを選んだ理由は。

 「以前の自分は優しいイメージだったのですが、30を過ぎて、個人的にも俳優としても、男らしくてワイルドな演技をしたいと思い、人生のどん底に落ちたような男臭い役柄を多く選んでいました。ファンの方たちから、見ていてつらくならない、明るい役柄も演じてほしいとの声があり、この『マイ・プリンセス』のお話しをいただき、内容的にも楽しいものだったので、次に自分の挑戦すべきものはこれだと思い、1年前から準備をして、新しいジャンルに挑戦するつもりで臨みました」

画像



―へヨンを演じる際に自分の性格と似ていて演じやすかったところ、自分と違って演じにくかったところはどこですか。

 「ヘヨンはストレートで、正直で、頑固なところや、大好きなイ・ソルに意地悪をするところなどは自分に似ているかも知れません。もし自分なら、身分など考えずに愛を選ぶし、すべてを捨てることだって出来ると思いますが、へヨンは、自分の財産やステータスにこだわってイ・ソルを留学させようとしたりするところが、自分と違うのでもどかしく感じました。この点は監督や作家の方とも話し合った点です」


―自分の意見とは最初違ったが、監督のおかげで結果的に良くなったことなどがあれば教えてください。

 「クォン・ソクジャン監督は、『パスタ』や『キツネちゃん、何しているの?』など、ロマンチック・コメディーを数多く演出されている方ですので、監督のアドバイスをよく聞き演技に取り入れるようにしました。ロマコメなので、照れくさいせりふやオーバーな演技があったのですが、監督の指導のおかげでうまくできたと思います。


 最初のころはなぜロマンチックなシーンがないのかとの意見もあったのですが、主人公の2人がぶつかり合う部分があってこそ、このドラマのプロローグとなるのに、ロマンスが始まってしまったら、ストーリーとしてドラマが終わってしまうという、監督の考えに沿ってアドバイスを受けキム・テヒさんも私も演技をしました」

画像



―外交官役ですが、優雅な身のこなしやエグゼクティブとしての物腰はどのように工夫したのですか。

 「初めは、外交官という最高のエリートの役柄を演じるということで難しさも感じましたが、韓国の皇室の代表となるプリンセスを教育する役どころとしては、ぴったり合う職業かなと思い演技しました。そして、財閥の御曹司で外交官という役で、素晴らしいスーツを毎回着ることができ、現実の自分とはかけ離れた役を演じられて楽しかったです」


―財閥3世、外交官、外国語能力など完ぺきな男という設定ですが、こういう人物はうらやましいですか。

 「パク・ヘヨンは誰が見ても完ぺきすぎる男で、悩みなどなさそうですが、悩みがあったり、寂しがり屋だったり、実は弱い面もあるところが魅力だと思います。ただ、デパートが自分のものだったり、ちょっとそこまでとヘリに乗ったりするところはうらやましいところだと思います。お金やステータスがうらやましくないといえばうそになりますが、それがすべてではありませんから」


画像







☆インタビュー:ソン・スンホン「おとなしくて、賢く、女性らしい人が好き」☆


画像


―アツアツのラブシーンがたくさんありました。主演が韓国芸能界きっての美男美女ということで、女性からも男性からもうらやましがられたわけですが、エピソードを教えてください。

 「韓国中の男性だけでなく、俳優でも1度はキム・テヒさんと共演してみたいと思うものです。ドラマも楽しんでいただけたと思いますが、私も撮影しながら本当に楽しかったです。これまで演じた作品の中で1番キスシーンが多い作品でした。


 ファンの方たちが『階段キス』と名付けた、キム・テヒさん演じるイ・ソルと海辺の階段で、突然キスをするシーンが思い出に残っています。最終回の飛行機の中でのキスシーンも、監督があっという間にOKを出してしまい、すぐに撮影が終了してしまったのが残念でした(笑)」

画像



―イ・ソルのような女性は好みですか。個人的にはどんな女性がお好きですか。

 「若い時はきれいな人がもちろん好みでしたが、いまは、おとなしくて、賢く、女性らしい人が好きです。イ・ソルのような、子どもっぽくておてんばな女性は、ちょっと苦手なタイプです。そして、あんなにきれいで、すべての男性の理想の女性であるキム・テヒさんに向かって、『お前みたいな顔の子が』といじめるシーンは難しかったですね(笑)」


―今回もドラマの中で素晴らしい身体を披露されましたが、撮影が大変だった中で身体を維持するために秘訣(ひけつ)は何ですか。お肌のお手入れなどについても教えてください。

 「撮影に入る前には特別に身体作りをしますが、健康な身体あってこそいい演技ができると思うので、普段からトレーニングはしています。でも撮影が始まると3、4カ月はトレーニングできないし、普段、実は腹筋は割れていないので(笑)。


 シャワーシーンの撮影の前にはダイエットをしたり、トレーニングをして準備するのですが、何も食べずに水だけ飲んでそのシーンの撮影を待っていたところ、スケジュールの関係でまた今度撮ろうということになったことがあり、監督に泣きついて、その日のうちに撮影してもらったことがあります(笑)。(おなかをさわりながら)今は全然腹筋割れていないですよ(笑)」


画像


―今振り返ってみて、あらためて感じるこのドラマの魅力は。このドラマから得たものは何でしょうか。

 「久しぶりのドラマ出演で、しかも、これまで暗い、ワイルドな役ばかり演じていたのに、ラブコメに挑戦するということで、最初はプレッシャーを感じていました。コミカルな演技も多く、放送を見てくださった方々から、役者ソン・スンホンとしての新しい一面を発見したと言っていただき、うれしかったですね。ストーリーも明るくて、楽しい撮影でしたので、終わってしまうのが残念でした。今回のドラマが今までの作品に比べて身体的に楽だったため、今後、アクションの多い、身体を張るようなハードな役を避けて選んでしまうのではないかと心配です(笑)」


 ソン・スンホン、キム・テヒのほか、リュ・スヨン、パク・イェジン、イ・ギグァン(BEAST)らが出演の『マイ・プリンセス』(DVD 公式サイトURL:http://myprincess-dvd.jp、韓デラURL:http://kandera.jp/)は7月6日に「完全版 DVD-SET1」(発売元・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、税込15,750円)発売、「完全版 Vol.1〜4」がレンタル開始、8月3日に「完全版 DVD-SET2」(税込15,750円)発売、「完全版 Vol.5〜8」レンタル開始される。

画像


(C) 2011 Curtaincall Production Inc. & Storm S Company Co.,Ltd.

ソウル=野崎友子通信員
朝鮮日報日本語版






まんま写しで・・・・
ここ・・・・1週間で見れなくなっちゃうので・・・






見ていてつらくならない、明るい役柄も演じてほしいとの声があり
と言うのは、ファンの本当の声ですね〜
結局、最後まで見ていないんですけど・・・
画像これが出たら、見てみます
DATVも見れないしね。。。
でも、我先に!!!な〜んても思わなくなってるので・・・
そのうちにね
スンホニも、そろそろ、次回作・・・・
決め始めてるのかしら〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あんにょん!

パーフェクトな王子様なんていないという事をコミカルな性格で演じていて

面白かったのに。。。途中からなにがなんだかストーリーのテンポがちょっと

残念だった作品になってしまったお話でしたね〜><;

特に最後は訳の分からない終わり方(撮影が間に合わなくてとの事でしたが)

終わり良ければ全て良しとならない韓国ドラマの時間の無い撮影現場。。。

どうかこの次こそ、良い作品に恵まれる事を祈ります。

ハッピーエンドだった事には満足でしたけどね!!
kanna
2011/06/19 15:23
素的な王子いろいろUPありがとう

次回作を首を長くして待っています

いい作品に当たればいいなと思っています。
しずりん
2011/06/20 15:54
kannaさん、こんばんは^^
この作品最後まで見ていないし、あらすじも見ていないので、
どんな感じの終わりなのかわからないんですけど。。。
そんな感じの終わりなんですか〜
ドラマの撮影環境は相変わらず・・・なんでしょうかね〜
一時、撮影環境を変えて、日本みたいな週一回の放送にしたら〜!?
なんて言っていたような・・・
やっぱり習慣を変えるのは難しいんでしょうね・・・
見る方としては週二回はちょっと嬉しいですけど。。。
〜まあ・・・レンタルで、確認してみます^^;

そろそろ、次回作!?
また、ノアールはイヤですけどね。。。
まこ
2011/06/22 20:01
しずりんさん、こんばんは^^
次回作、楽しみですね
マイペースで、決めて欲しいですけど
ミュージカルは・・・・
イメージできないかな〜!?・・・
まこ
2011/06/22 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
インタビュー:ソン・スンホン「“パーフェクトな王子様”は楽しかった」 まこちゃん しょうくん    わがまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる